2011/12/16

283-福島への放射性セシウム降下、45都道府県合計の47倍

東京電力福島第一原発の事故で大気中に放出された放射性セシウムについて、文部科学省は14日、事故後4カ月間で福島県に降った積算値は1平方メートルあたり683万ベクレルだったと発表した。文科省は先月、宮城、福島を除く45都道府県の積算値を発表したが、最も多かった茨城県(4万801ベクレル)の168倍で、45都道府県の合計値(14万4446ベクレル)の47倍に相当する。

各地の衛生研究所などで容器にたまったちりからセシウム134と137を測定した3~6月の積算値。福島県は震災の影響で分析が遅れていた。測定地は第一原発のある大熊町。683万6050ベクレルのうち94%が3月に集中しており事故直後の深刻さがうかがえる。事故前にも大気圏内核実験による降下物などがあるが、福島県の09年度の積算値は0.044ベクレル。
http://www.asahi.com/national/update/1214/TKY201112140641.html





--------------------------------------
★東日本大震災関連・リンク

<当ブログ内>

【トピック】

ラベル”東日本大震災”関連

<2011年>
11/19(土)福島第一原発の様子/5/30(月)放射線・原発関連図書/5/29(日)【TOPIC】元東電社員の告白/5/18(水)ちょっと一息(素敵なツイート集)/5/6(金)CTBT放射性核種探知状況(3、4月末版)/4/14(木)チェルノブイリ距離別放射線量比較/4/10(日)ありがとう自衛隊/3/23(水)発電事業を考える/3/20(日)資料集(政府資料等)/3/19(土)東京電力、大量の放射線漏れを認める/3/19(土)グローバルホークからの写真/3/19(土)原発関連その2:福島第一原子力発電所 まとめ/3/18(金)天皇陛下からのメッセージ(youtube)/3/16(水)いますぐできること/3/15(火)被ばく量と人体への影響について/3/13(日)原発関連その1:チェルノブイリを振り返る/3/10(木)地震災害発生時の心得(当ブログ)

<外部>

【プレス】

地震まとめページ(google)日経(nikkei)FTBBCBBC-LIVEmail-onlineロイターNewYorkTimes震災写真haaretzFobes産経HarvaedGazetteFukushima

【その他】

放射線テレメーター・インターネット表示局放射線監視モニタ日本各地の放射線量がわかるサイト「放射線監視モニタまとめ」霧箱のサイエンス(放射線の見方)/自動処理震源マップJapanQuakeMap全国水道の放射性物質一覧関東各地の放射能値の可視化りんごと放射能全国の放射能濃度一覧全国のガイガーカウンター値(個人の集合体)東北地方太平洋沖地震特設ページ財団法人日本国際問題研究所、軍縮・不拡散促進センター
-----------------------
---------------------------------




0 件のコメント:

コメントを投稿