2011/07/31

144-中国の原発建設は止まらない

中国の原発建設は止まらない


中国、原発の急拡大計画を堅持 「20年までに発電量7~8倍」

中国原子力エネルギー業協会の幹部は、2020年までに原発の発電量を現在の7~8倍に急拡大する原発増設計画を堅持する方針を明言した。16日付の中国紙、第一財経日報などが報じた。

同紙などによると、中国では13基の原子炉が稼働中で、28基が建設段階にあり、ほか38基前後が計画されている。福島第1原発の事故後、政府は新規原発の建設計画の承認を暫定停止したが、経済成長を支える電力需要を満たすため、現行計画通り原発を推進する必要があると判断したとみられる。

同協会は政府の原子力エネルギー関係部門の幹部や、中国共産党幹部を兼ねる関連企業の首脳らが理事を務めている。同協会の馮毅事務局次長は12、13日に北京で開かれた会議で「20年までに原発の発電容量7千万キロワットを確保する計画の達成は問題ない」と強調した。

---------------------------------



0 件のコメント:

コメントを投稿