2011/07/15

128-新興国で新車販売が減速 1~6月、ガソリン高響く

Obama warns on interest rate risk

US interest rates could rise if Congress failed to pass an increase in the country’s borrowing limits, effectively imposing a tax rise on all Americans, Barack Obama said.
“This is not just some abstract issue,” the president said at a news conference at the White House on Friday morning.

Mr Obama said he remained “hopeful” that the deadlock in negotiations with the Republicans could be broken and called on them to come forward with a “serious” plan which balanced spending cuts and revenue increases.......................


新興国で新車販売が減速 1~6月、ガソリン高響く
欧米も先行き不安

インドでも新車販売の伸びに減速感が出てきている(インド西部ムンバイ)
【ニューヨーク=小高航】世界主要各国の上半期(1~6月)の新車販売台数が15日出そろい、新興国市場の失速が鮮明になった。中国やインドなどBRICsは計1399万台と前年同期比9%増えたが、伸び率は前年上半期の4割増から大きく減少した。購入促進の補助制度打ち切りや金融引き締めなどが背景。けん引役の新興国のブレーキが長引けば、関連産業のみならず世界経済にも影響を与えそうだ。

1~6月の国別の新車販売が最も多かったのは中国の932万5000台。2位の米国(633万3000台)を大きく引き離した。ただ中国の伸び率は3%と、48%増だった2010年上半期から大幅に失速した。

ガソリン価格の上昇や販売補助策の打ち切りで、消費者の購買意欲が減った影響が大きい。東日本大震災を受け日本メーカーが販売活動を弱めたことも響いた。業界団体は通年の市場の成長率予想を従来の10%増から5%増に引き下げた。..............................

---------------------------------



0 件のコメント:

コメントを投稿