2011/07/11

124-「こんなばかな話、考えられない」 経団連会長、机たたき怒る ストレステスト政府見解に

「こんなばかな話、考えられない」 経団連会長、机たたき怒る ストレステスト政府見解に

経団連の米倉弘昌会長は11日の会見で原発のストレステスト(耐性検査)に関する政府の統一見解について「首相が何を考えて言ったのか、政府内で混乱している。こんなばかな話、考えられない」と政権の混迷ぶりを非難した。そのうえで「見解文書に『国民の十分な理解が得られていると言い難い』とあるが、これは自分たちがつくり出した状況だ」と机をたたいて怒りを表明した。

ストレステストそのものについても、「突然出てきたものでよく分からない」と疑問を呈し、「福島原発事故は原因の徹底糾明と安全基準の見直しが必要だが、これまでの定期点検とどういう関係があるのか明らかにすべきだ」と強調した。

さらに「震災から4カ月経つが、政府の対応は対症療法ばかりで政策の予見性が著しく低下し、安定的な経済活動ができない」と指摘。「先週訪問した欧州でも国際的な信任が保てるかどうかを肌で感じた」と述べ、「政府は国内外の声をしっかり受け止め、国民、自治体、企業と十分議論を行ったうえでスピード感を持って対処してほしい」と苦言を呈した。

Nestlé agrees $1.7bn deal for Hsu Fu Chi

Nestlé, the Swiss food group, is set to acquire Hsu Fu Chi, the Chinese sweets company, for S$2.1bn ($1.7bn) in a deal that marks one of the largest foreign acquisitions in China and underscores the race for the country’s food sector.
The Swiss group plans to purchase 60 per cent of Singapore-listed Hsu Fu Chi, with the remaining 40 per cent to be owned by four Taiwanese brothers who founded the company. If the deal is approved by regulators and shareholders, the stock will be delisted, with Nestlé and the Hsu brothers operating the company as a joint venture..............................

---------------------------------



0 件のコメント:

コメントを投稿