2011/06/22

105- トンデモネタかもしれないけれど【原発】

◆最近、福島原発事故に絡み、いろんな厭な噂を方々で聞く。

まぁ、過剰に反応すべきではない、という意見も正しいのかも知れないが、こういう時は、少しくらい過剰に反応する位が、まぁいいような気がする。

福島原発にまだ作業員の死体がシコタマ転がっているのが事実だろうが、何人も被爆起因で死んでいようが、仕事があって家族がある人間がおいそれとは動けない。

だから、パニック回避、なんていうのは欺瞞でしかない。

◆それに、大企業は都合の悪いことなんて絶対に言わない。

基本的に法的にぎりぎりのところを行くわけだから、そこには周囲が期待しているような道徳性なんて介在のしようがない。

法的に、こうだから、ここまで公開する。以上。

官僚だって守秘義務があるわけだから、まず証拠付きの致命的な情報は漏れないだろう。

どれだけ道徳性が社会で認められようと、中国船との衝突事故でビデオを公開した人間のその後を見れば一目でわかる。

それに、正しい情報って何か、真面目に考えてみると、その言葉自体が恣意性の塊だってことに気づく。そう、何を騙っても突き詰めれば原発事故なんざ統計的なハナシになってしまう。

◆その数値は統計的に有意ですか?

えーと、優位の定義は?サンプルはいくつ?

ふっ。

もう笑うしかない。そんな感じじゃないでしょうか。ね。



◆そういう意味で、政府が求められいるのは、バラ撒きなんかじゃない。

解っている事実を淡々と伝えて欲しい。
カネはいくらまで被災者に出すのか。東電はどうするのか。

結果を見てから決める。

そういうなら、その結果が何か先ずは示すのが先だ。

そうしない限り、そのうち被災者がタカリと言われだし、外国人は掠奪者と言われ、金融屋や事件屋が暗躍し、政治家の利権が膨張するだけだ。

◆でも割りきりなんてできないのが日本社会。

そう思ってあきらめるって手もなくもない。

---------------------------------



◆ワンクリック募金です

Check

0 件のコメント:

コメントを投稿