2011/05/20

(71)大阪で微量の放射性物質検出



大阪で微量の放射性物質検出

東京電力福島第一原子力発電所の事故によるものとみられる放射性物質が、大阪市内でも検出されたと、府の公衆衛生研究所が発表しました。検出された放射性物質は、ごく微量で、研究所は健康に影響はないとしています。
大阪・東成区の大阪府立公衆衛生研究所は、毎月、屋上に設置した計測器に雨やちりなど大気中の降下物を集め、詳しく分析しています。研究所が先月1日からの1か月間に集めたサンプルを分析したところ、ごく微量の放射性のセシウム134とセシウム137が検出されたということです。セシウム134は、これまで検出されたことがなく、また、セシウム137は通常の100倍に上っていて、研究所は、福島第一原発の事故によるものとみています。研究所によりますと、これらの物質が出す放射線を1年間受け続けたとしても、自然界から受ける放射線量の1万分の1以下で、健康に影響はないということです。

LinkedIn stock surges after IPO

IMF chief’s departure throws open succession race

The race to head the International Monetary Fund was thrown open on Thursday as Christine Lagarde, the French finance minister and a top contender for the post, urged the European Union to present a single candidate to replace Dominique Strauss-Kahn.
“Any candidature, whatever it is, should come from Europeans who rally together,” Ms Lagarde told reporters on the sidelines of a press conference on Thursday. The position of managing director has traditionally been held by a European while an American runs the World Bank, but some emerging market countries have begun calling for the choice to reflect their growing weight in the world economy..........


--------------------------------------
★東日本大震災関連・リンク

<当ブログ内>

【トピック】

<外部>

【プレス】
【その他】







Check

0 件のコメント:

コメントを投稿