2011/05/10

(61)3号機の圧力容器温度が大幅上昇 底に燃料落下?



福島第1原発3号機で、燃料を入れた原子炉圧力容器の温度が大幅な上昇傾向を示し、8日には容器上部で206度に達した。
東京電力は、差し迫った危険はないとの見方だが「燃料が崩れて(圧力容器の)底に落ちた可能性も否定できない」として、温度の監視を強め原因を分析している。
4月末、圧力容器上部の温度は80度台で推移。多少の上下はあるが比較的安定していた。
5月に入り上昇傾向が顕著になったため、東電は4日、圧力容器への注水量を毎時7トンから9トンに増やした。しかし上昇は収まらず、5日朝には144度に。さらに7日夜には202度に跳ね上がり、その後も“高止まり”の状況だ。圧力容器下部の温度も上昇傾向を示している。
東電は既に、3号機の燃料は約30%損傷したとの推定を示しているが、ここにきて燃料が圧力容器の底に落下したとすれば、過熱が進み、溶融が再度起きた可能性がある。

In this week's View from the Top, Geoff Cooper, chief executive of Travis Perkins, the UK's largest builders' merchant, talks about his surprise at the latest construction data from the ONS, his outlook for the industry and M&A. The FT's Ed Hammond and Daniel Garrahan analyse the interview.

President Obama’s national security adviser demanded Sunday that Pakistan let American investigators interview Osama bin Laden’s three widows, adding new pressure in a relationship now fraught over how Bin Laden could have been hiding near Islamabad for years before he was killed by commandos last week.



Check

0 件のコメント:

コメントを投稿