2011/04/13

【東日本大震災/発生から34日目】菅首相が被災地で暴言/絶望的なのにまだ円高続く/原発事故はレベル7へ引き上げ






■菅首相「靴が汚れる、臭い」暴言連発に被災者が激怒




4月2日、菅直人首相(64)が岩手県で震災被害が大きかった、陸前高田市を視察した。

○「出発は早朝ということもあって、菅首相は、終始不機嫌そうな表情でした。顔には生気がなく、髪の毛には寝癖が残っていました」(官邸関係者)
○「陸前高田市のヘリポートに着いてから、市役所の仮庁舎に向かうマイクロバスの中のことでした。菅首相は、がれきの山となった市街地を見て、眠そうな目で『津波ってすごいんですね…』とつぶやいていました。まるで、人ごとのような口ぶりでしたCHINTAIpr」(官邸関係者)

同行したのは平野達男内閣府副大臣ほか。現地では陸前高田市が選挙区の民主党・黄川田徹衆議院議員(57)たちが合流した。

「黄川田議員は、今回の津波で、実母と長男を亡くされました。また、妻と実父が今も行方不明です」(地元関係者)

今回の菅首相の視察も、黄川田議員が被災地訪問を訴え続けてきたから実現したという。
だが、菅首相が避難所の一つである、米崎小学校を訪れたときのこと―。

「菅首相は、被災者が寝泊りしている小学校の体育館に、土足で上がろうとして、あわてて周囲に止められたんです。目を疑いました」(地元関係者)

体育館に入っても、被災者への“心ない発言”が連発されたという。

「たとえば家族を亡くした小学生の男の子をつかまえて『ボク、やっぱり日本ハムのファン?』なんて。ここは北海道じゃないのに、質問の意味が不明です」(現地関係者)

ほかの被災者に感想を聞いても、菅首相の印象は悪い。

「最初は一人ひとりと話をしていましたが、あとは『頑張って』と、おざなりな言葉を一言かけるだけ。本当に心配してくれているとは、思えませんでした」(被災者の一人)

体育館にいた被災者には、怒りと不信感だけが残った。

「がれきの山となり、潮やガソリンの匂いが混じった市街地を歩いたときも『臭うな』と文句をいったり、おろしたての靴を気にして、泥水のたまっている場所は『靴が汚れる』と、避けていたり。地元の人間として、怒りを感じました」(別の現地関係者)

この首相の様子に視察を願い出た黄川田議員も、ショックを隠せなかったようだ。

「あの、すさまじい被災地の光景を目の当たりにして、涙ひとつ流さず、防災服や靴の汚れを気にしているような人に、国民の命は任せられないと漏らしていましたよ」(官邸関係者)


■爆発して一気に中身が飛び散ったチェルノブイリとは事故のタイプが違うだけで、福島の方が存在する核燃料がはるかに多く、長期間に渡って放射性物質が出続けると、放射性物質の放出総量で並ぶ可能性がある


■浜通りに余震集中



SPEEDIの情報を公開せよ!

緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI:スピーディ※)は、原子力発電所などから大量の放射性物質が放出されたり、そのおそれがあるという緊急事態に、周辺環境における放射性物質の大気中濃度および被ばく線量など環境への影響を、放出源情報、気象条件および地形データを基に迅速に予測するシステムです。
このSPEEDIは、関係府省と関係道府県、オフサイトセンターおよび日本気象協会とが、原子力安全技術センターに設置された中央情報処理計算機を中心にネットワークで結ばれていて、関係道府県からの気象観測点データとモニタリングポストからの放射線データ、および日本気象協会からのGPVデータ、アメダスデータを常時収集し、緊急時に備えています。
万一、原子力発電所などで事故が発生した場合、収集したデータおよび通報された放出源情報を基に、風速場、放射性物質の大気中濃度および被ばく線量などの予測計算を行います。これらの結果は、ネットワークを介して文部科学省、経済産業省、原子力安全委員会、関係道府県およびオフサイトセンターに迅速に提供され、防災対策を講じるための重要な情報として活用されます。
※SPEEDI:System for Prediction of Environmental Emergency Dose Informationの頭文字です。

--------------------------------------
★東日本大震災関連・リンク
<当ブログ内>
【時系列】
【トピック】
<外部>
【プレス】
【その他】



































0 件のコメント:

コメントを投稿