2011/04/11

【東日本大震災/発生から32日目】地震と津波の爪痕




※ここに住んでいる人がみんな公的支援を求めたらどうなるのか話題になっています。自由というのは自己責任と表裏一体。社会って怖いですね。。。。。。



慎太郎、ラストデーで初街頭演説「自販機、パチンコやめちまえ」…都知事選最終日

◆東京都知事選立候補者
谷山雄二朗氏(38)=映画監督=
古川 圭吾氏(41)=会社役員=
渡辺 美樹氏(51)=ワタミ前会長=
石原慎太郎氏(78)=東京都知事=
ドクター・中松氏(82)=発明家=
マック赤坂氏(62)=美容研究家=
東国原英夫氏(53)=前宮崎県知事=
小池 晃氏(50)=前参院議員=
姫治けんじ氏(59)=建物管理業=
雄上 統氏(69)=住職=
杉田 健氏(43)=団体職員=


原乳の放射性物質、基準値下回る 福島

※関係者によると、大丈夫な牛乳と混ぜて薄めたそうです。


東日本大震災:「豚汁ばかり続いてる」 西脇市職員5人、現地の実情を報告 /兵庫


仏TV「日本人はバラエティー番組見て笑い転げてる場合か?」


東日本大震災直後はモラルある日本を称賛する海外メディアが多かったが、福島第一原発事故以降、彼らからは日本人の反応に疑問の声が上がっている。『ニューヨークタイムズ』紙は、
「日本人はどこまで政府や保安院、東京電力の言葉を信用しているのか。座して死を待つかのような日本人の対応はおかしい」という米国人記者の話を掲載。
フランスのテレビ番組では、日本在住フランス人が怒りをぶちまけた。
「ニュースでは“何の心配もいらない、大丈夫だ”と繰り返している。必要なインフォメーションは何もない。バラエティー番組を見て笑い転げている場合か?」
また、日本滞在経験があり、いまはパリに住むフランス人女性はこういう。
「東京は福島からそう遠くないのに、サラリーマンは“まだ大丈夫”という意識で働き続けている。我慢強いのかもしれないが、仕事は生きるためのものでしょう? 命を落としてまで働こうなんて誰も思わない。放射能の危険にさらされても逃げないなんて、欧米人の感覚からは信じられません」


--------------------------------------
★東日本大震災関連・リンク
<当ブログ内>
【時系列】
【トピック】
<外部>
【プレス】
【その他】

0 件のコメント:

コメントを投稿