2011/03/19

【東日本大震災/発生から9日目】<更新07>東京電力も漸く放射能漏れを認める

引き続き、東日本大震災で被害を受けた福島第一原発に関連した情報を中心に、記載していきたいと思います。

--------------------------------------
★東日本大震災関連・リンク

<当ブログ内>

【トピック】

ラベル”東日本大震災”関連

<2011年>
11/19(土)福島第一原発の様子/5/30(月)放射線・原発関連図書/5/29(日)【TOPIC】元東電社員の告白/5/18(水)ちょっと一息(素敵なツイート集)/5/6(金)CTBT放射性核種探知状況(3、4月末版)/4/14(木)チェルノブイリ距離別放射線量比較/4/10(日)ありがとう自衛隊/3/23(水)発電事業を考える/3/20(日)資料集(政府資料等)/3/19(土)東京電力、大量の放射線漏れを認める/3/19(土)グローバルホークからの写真/3/19(土)原発関連その2:福島第一原子力発電所 まとめ/3/18(金)天皇陛下からのメッセージ(youtube)/3/16(水)いますぐできること/3/15(火)被ばく量と人体への影響について/3/13(日)原発関連その1:チェルノブイリを振り返る/3/10(木)地震災害発生時の心得(当ブログ)

<外部>

【プレス】

地震まとめページ(google)日経(nikkei)FTBBCBBC-LIVEmail-onlineロイターNewYorkTimes震災写真haaretzFobes産経HarvaedGazetteFukushima

【その他】

放射線テレメーター・インターネット表示局放射線監視モニタ日本各地の放射線量がわかるサイト「放射線監視モニタまとめ」霧箱のサイエンス(放射線の見方)/自動処理震源マップJapanQuakeMap全国水道の放射性物質一覧関東各地の放射能値の可視化りんごと放射能全国の放射能濃度一覧全国のガイガーカウンター値(個人の集合体)東北地方太平洋沖地震特設ページ財団法人日本国際問題研究所、軍縮・不拡散促進センター
-----------------------


※大変申し訳ありません、<更新07>で誤訳がございましたので、赤字で訂正しております。
 大変申し訳ありませんでした。ご指摘くださった方、本当にありがとうございました。

<更新07>-----------------------
The moment nuclear plant chief WEPT as Japanese finally admit that radiation leak is serious enough to kill people 

小森明生常務が(福島第一の)放射性漏れは人が死にいたるレベルであることをとうとう認めた。


・Officials admit they may have to bury reactors under concrete - as happened at Chernobyl
チェルノブイリ同様、(福島第一も)コンクリートで埋めねばならないかもしれないと認めた。

・Government says it was overwhelmed by the scale of twin disasters
政府も、地震と津波によって引き起こされた抗し難い事象だとした。

・Japanese upgrade accident from level four to five - the same as Three Mile Island
日本政府はレベル4から5へ1ノッチ引き揚げ、スリーマイルと同様とした。

・We will rebuild from scratch says Japanese prime minister
首相は、ゼロからやりなおしたいと発言。

・Particles spewed from wrecked Fukushima power station arrive in California
福島の爆発で発生した放射性粒子はカリフォルニアにまで到着した(?)

・Military trucks tackle reactors with tons of water for second day
自衛隊は2日間でトン単位で炉に対し放水した。


The boss of the company behind the devastated Japanese nuclear reactor today broke down in tears - as his country finally acknowledged the radiation spewing from the over-heating reactors and fuel rods was enough to kill some citizens

原子炉に大きな被害を受けた東京電力幹部は涙とともに項垂れた。とうとう政府も過熱した原子炉と燃料棒から放射線が漏れ、それが致死量であることを認めた。

Japan's Nuclear and Industrial Safety Agency admitted that the disaster was a level 5, which is classified as a crisis causing 'several radiation deaths' by the UN International Atomic Energy.

原子力保安院は今回の事案はレベル5であり、IAEA基準では放射線が致死量漏れた事案に相当。

Officials said the rating was raised after they realised the full extent of the radiation leaking from the plant. They also said that 3 per cent of the fuel in three of the reactors at the Fukushima plant had been severely damaged, suggesting those reactor cores have partially melted down.

関係者によると、原子炉から放射線が漏えいしたこと事実の全貌が判明した後に、レベル5へ引き上げられたという。炉では3パーセントの燃料棒が既に損傷しており、部分的に溶けだしたとした。

After Tokyo Electric Power Company Managing Director Akio Komiri cried as he left a conference to brief journalists on the situation at Fukushima, a senior Japanese minister also admitted that the country was overwhelmed by the scale of the tsunami and nuclear crisis.

小森明生氏の福島での発表の後、小森氏は泣き崩れて会議場から報道陣へ姿を見せた。政府も日本はまさに未曽有の津波と原子力事故に打ちのめされていると認めた。

He said officials should have admitted earlier how serious the radiation leaks were.
Chief Cabinet Secretary Yukio Edano said: 'The unprecedented scale of the earthquake and tsunami that struck Japan, frankly speaking, were among many things that happened that had not been anticipated under our disaster management contingency plans.

同時に、早い段階から深刻な放射能漏れが起きていることを公表すべきだったとした。枝野官房長官は、前例のない地震と津波の規模に見舞われ、正直、我が国のコンティンジェンシープラン(緊急対応計画)でも想定されていなかったとした。

'In hindsight, we could have moved a little quicker in assessing the situation and coordinating all that information and provided it faster.'
Nuclear experts have been saying for days that Japan was underplaying the crisis' severity.
It is now officially on a par with the Three Mile Island accident in Pennsylvania in 1979. Only the explosion at Chernobyl in 1986 has topped the scale.

「後知恵ではあるが、もうすこし早く状況に判断し、いち早く情報をまとめ、正確に伝えたい。」
原子力専門家は何日も、実態の深刻さを過小に発表していた。これは1979年のスリーマイル島の事故と同じだ。
実際よりも過大に伝えられたのは、1986年のチェルノブリリの時だけだ。

Deputy director general of the NISA, Hideohiko Nishiyama, also admitted that they do not know if the reactors are coming under control.
He said: 'With the water-spraying operations, we are fighting a fire we cannot see. That fire is not spreading, but we cannot say yet that it is under control.'
But prime minister Naoto Kan insisted that his country would overcome the catastrophe

西山英彦(原子力保安院)は、おなじくして炉が今後も制御できるようになるかわからないとした。
「散水により、我々は見えない火事に対応している。ただ、火災は広がってはいない。但し、火災の状況は未だ力の及ぶところにはない。」とした。
一方で、菅直人首相はこの大災害を乗り越えられるとした。

'We will rebuild Japan from scratch,' he said in a televised speech: 'In our history, this small island nation has made miraculous economic growth thanks to the efforts of all Japanese citizens. That is how Japan was built.'

「我々は日本を一から立て直すんだ。」
菅首相はテレビで演説した。
「我々の歴史に、この小さな島国が全ての日本人によって、奇跡的な経済復興を遂げたことを刻むのです。日本はこうして立ち直ったと。」

It comes after pictures emerged showing overheating fuel rods exposed to the elements through a huge hole in the wall of a reactor building at the destroyed Fukushima nuclear plant.

過熱した燃料棒が晒されている様子が、福島第一原子炉の壁にあいた大きな穴から移された写真が公表された直後の演説であった。


Exposed: this shots shows a gaping hole in the building of reactor number four. The green crane, circled, is normally used to move spent fuel rods into a 45ft deep storage pond, just out of shot. But the pool has now boiled dry and the spent rods are heating up and releasing radiation 
福島第一原子力発電所4号炉の壁にあいた穴から、緑色のクレーンが見える。このクレーンは、燃料棒を深さ13メートルの燃料保存プールに格納する際に利用する。しかし、今この燃料プールでは水が減少し、いくつかの燃料棒は過熱し、放射線を放出している。

Boiled dry: This shot shows of the inside of reactor number four at the Fukushima nuclear plant before the disaster. The spent fuel storage pool is seen at the front of the shot. The rods are at the bottom of the pool, which has now boiled dry
この下に、福島第一原子力発電所4号炉の炉心が存在する(写真は災害前)。
手前のプールは使用済核燃料プール。燃料棒はこのプールの底にあるが、現在このプールに水が十分に入っておらず、沸騰している状態と言われている。

---------------


A UN official said the radiation reaching America is 'about a billion times' beneath health-threatening levels. 

国連は、アメリカに到達する放射線は健康を害するレベルの「およそ十億(もしくは一兆)」以下であるとしている。(誤訳されていた箇所です)

An airborne plume of radiation is expected to be swept towards Europe, and again officials stress that the levels reaching the UK will not be high enough to pose any risk to human health.

放射性物質はヨーロッパ方面に飛散すると予想されるが、イギリスに到達するのは健康に害をなすレベルではないと強調している。(誤訳されていた箇所です)

Lars-Erik De Geer of the Swedish Defence Research Institute, said particles would eventually be detected across Europe.

スウェーデンのDefence Research Instituteも、ヨーロッパで全域で放射し物質が見つかるだろうとした。

'It is not something you see normally,' he said. 'But it is not high from any danger point of view. It is only a question of very, very low activities so it is nothing for people to worry about.'
The prediction that particles could reach Britain within two weeks is based on previous data, gathered by scientists observing nuclear testing in China.

続けて、「これは目に見えている状況とは大きく違う。しかし、それほど危険な状況ではない。1つ問題なのは、非常に低い放射線量は本当に人に悪い影響を与えないかどうか、だ。」とした。

中国で核実験のモニタリングをしている科学者達によると、過去のデータに基づくと、2週間以内には放射性物質がイギリスに届くそうだ。

Meanwhile,  workers at the devastated power station are continuing their desperate battle to prevent a complete meltdown which some fear could be as bad as Chernobyl.

一方で、破壊された発電所で働く労働者たちは、チェルノブイリと同様の最悪の事態であるメルトダウンが起こらないように絶望的な闘いを続けていた。

The latest pictures show a whole wall missing from the building housing reactor number four. Inside, a green crane normally used to move spent fuel rods into the storage pool can be seen. Underneath the crane, but not seen in the picture, is the 45ft-deep spent fuel storage pool which has boiled dry.

最新の写真によると、4号炉は完全に壁を失い、燃料棒をプールに入れる際に用いられる、内部の緑色のクレーンが見える状況にある。
クレーンの下には、写真では見ることができないが、深さ13メートルの燃料プールは干上がっている状況だ。

Officials at Fukushima are rapidly running out of options to halt the crisis. Military trucks are spraying the reactors for a second days with tons of water arcing over the facility. 
Engineers are trying to get the coolant pumping systems knocked out by the tsunami working again after laying a new power line from the main grid.

福島では、急場を凌ぐため、自衛隊による放水作業が始まった。エンジニアはなんとか津波でやられた冷却ポンプを復旧させようと電源から電線を接続した。

And they today admitted that burying reactors under sand and concrete - the solution adopted in Chernobyl - may be the only option to stop a catastrophic radiation release.
It was the first time the facility operator had acknowledged burying the sprawling 40-year-old complex was possible, a sign that piecemeal actions such as dumping water from military helicopters or scrambling to restart cooling pumps may not work.    

そして、(燃料棒からの)壊滅的な放射線放出を止めるには、チェルノブイリと同様、コンクリートと砂で炉を埋めるしか方法はないかもしれないことを認めた
施設にいる作業員は、ヘリから水を撒いたり、慌てて冷却ポンプを始動させようとするなど、部分的な対処法には効果はない一方で、だらしなく広がる40歳の複合施設(原子炉)を埋めることは可能であることを初めて認めた。

'It is not impossible to encase the reactors in concrete. But our priority right now is to try and cool them down first,' an official from the plant operator, Tokyo Electric Power Co, told a news conference.    

But some experts warned that even the concrete solution was not without risks. 
'It's just not that easy,' Murray Jennex, a professor at San Diego State University in California, said when asked about the so-called Chernobyl option for dealing with damaged reactors, named after the Ukrainian nuclear plant that exploded in 1986.


Staging point: Fire engines gather in Iwaki today as they prepare to douse overheating reactors and spent fuel at the plant
消防車はいわき市に一度集結し、過熱炉の冷却の準備をした。

Fearful residents: Officials scan people for radiation, 60 km west of the nuclear power plant in Koriyama on March 18
福島原発から60km西の郡山で、放射線検査が行われた。


Getting worse: The Inernational Atomic Energy Agency has upgraded the disaster to a level five. But French officials have previously claimed it is  a six
IAEAは、今回の事故をレベル5としたが、フランスだけはレベル6であると主張した。

-----------------------------------------------------

<更新06>-----------------------


「廃炉」検討も 元第1発電所長の東電常務が福島入り

「痛恨の極み」



いまだ収束できない東京電力福島第1原子力発電所の放射能漏れ。同社の小森明生常務は18日夜、福島県災害対策本部に訪れ、その場で報道陣に囲まれた。小森氏は福島県楢葉町に常駐するあいさつに来たのだが、その場で「準備なしの緊急会見」に。東電は企業統治(ガバナンス)の面でも、あまりにも未熟な体質が露呈。約50分間、厳しい質問が途切れず、県民に誠意ある回答ができず涙ぐむシーンもあった。(中川真、石崎慶一)

小森常務は元福島第1発電所長。東電は福島県の浜通り地方では、地域経済や雇用の大きな受け皿で“名士”として持ち上げられてきた。それが一転、「福島に希望はあるか」「東電は今後も原発事業を継続するのか」…。想定問答集もなく、居並ぶカメラの前で「申しわけありません」「経営判断に及び、今即答できかねます」と答えるのが精いっぱい。涙ぐみながらの会見から、かつての所長の威厳はまったく感じられなかった。

事故を起こした福島第1の廃炉の可能性について、小森常務は「幹部と議論したことはないが、今後はそういうことも含めて検討していく」と明言。廃炉を検討せざるを得ないとの認識を示した。小森常務は「このような事態を招き痛恨の極みです。福島県民におわびします」と同社として県民に初めて謝罪した。

一方、長年、原発の耐震安全性を強調しながら、事故について「地震、津波があったとはいえ…」と公然と言い訳した。東電の“安全神話”を信じ、国の原子力政策に協力し、地域振興に夢を描いた地元の思いを踏みにじるなど、無神経な答弁も目立った。

福島県民はいま、放射能汚染への不安と怒りの中にあるが、事態収束の見通しについては、「厳しい状況が続いている。あらゆる手だてを講じて、安全確保に努めたい」と述べるにとどまった。

放射能汚染を避けるために避難所を転々としている周辺住民に対し、「誠に申し訳ない」と謝罪したが、補償については「国と相談して考えていく」。同席した別の幹部が「避難所数がわからない」と述べるなど無神経な発言も多かった。東電では、地元対応のため小森常務らが、連休明けに避難所を回るという。

会見後、「へ理屈はいいから早く収束させてくれ」と肩を震わせながら立ち去る地元メディアの記者も。東電が計画から半世紀以上かけて、地元と築いた信頼関係を一気に吹き飛ばしたという極めて深刻な事実をあからさまにした。

県民の反応も「社長謝罪の露払いか」(福島市の60代男性)と冷ややかで、、東電にとっては、事故を収束できたとしても、その後長く続く苦難の地元対応の幕開けとなった。



「福島に安全を戻せるのか」。インタビューで質問に窮し、「申しわけございません」と涙を流しながら去る東京電力の小森常務=18日夜、福島市の県災害対策本部


<更新05>-----------------------
【BBC-LIVE】

0917: Is Japan's disaster warming often frosty bilateral relations with South Korea and China? As the three countries' foreign ministers prepare to meet in Kyoto, AFP quotes Japan's Takeaki Matsumoto as calling Seoul a "true neighbour" and saying he hoped Tokyo and Beijing could move forward after a bitter row last September sparked by maritime collisions. Both sent rescue teams to Japan.



  1. 0907: Despite encouraging reports about progressing reconnecting power to cooling systems at the Fukushima plant, the BBC's Tim Willcox cautions that they are still nowhere near the process of restarting the pumps as it is unclear whether - given quake and tsunami damage - they even still work. Even if they do initially work, they could quickly short out.


    福島第一原発・原子炉の冷却装置に電源を接続するなど作業は進捗しているようにみえるが、ポンプを再始動できる状況からはほど遠く、地震と津波で被害を受けた機器類は、たとえ動いたとしてもすぐにショートするのが関の山だろう(BBC)。

  2. 0902: Engineers have attached a power cable to a reactor at Fukushima nuclear plant but electricity has yet to be switched on, the nuclear safety agency said according to Reuters.
  3. エンジニアは、福島第一原発に電源ケーブルを接続した。今のところ電源を入れていない(ロイター)。
  4. 0858: Clint Eastwood and Sandra Bullock are each to donate about $1m (£616,000) to the quake relief efforts in Japan, reports Japan Today. Lady Gaga also raised $250,000 by selling wristbands

    クリントイーストウッド、サンドラブロックは各々100万ドルを寄付した。レディガガも25万ドルを。

<更新04>-----------------------
■女川も結構数値高めとなっている。
やはり海沿いは風で飛散しやすいのだろうか。


■常陸那珂は予想外に落ち着いている様子だ
■埼玉は100nGy/hと結構高め。



<更新03>-----------------------
【BBC-Live】

 ■The foreign ministers of Japan, China and South Korea are due to discuss co-operation in ensuring disaster preparedness and the safety of nuclear power generation in East Asia in Kyoto, Kyodo reports.


外務省は、これから中国・韓国と協同し、災害時の極東にある原子炉に関する安全性への手当を整えるべく、京都において議論していくことになるだろうと述べた。

■While levels of radiation were found in milk from Fukushima prefecture and spinach from Ibaraki prefecture that broke food safety limits, Mr Edano said, he also added that they posed no immediate threat to humans. That is unlikely to reassure many Japanese.


福島産牛乳と茨城産ほうれん草に規定以上の放射線が蓄積されていたことが判明した。枝野官房長官は”今すぐ人体に影響を与えるレベルではない”と月並みの台詞でかわしたが、もはやそれに安心する日本人はどこにもいない。


<更新02>-----------------------
IAEA「時間との戦い」

Engineers were attempting to restore power to cooling pumps that failed following the devastating March 11 earthquake and tsunami, as weather forecasts suggested the wind could shift over the next few days, carrying radiation towards Tokyo.
技術者達は、3月11日の壊滅的な地震と津波により破壊された冷却ポンプの修復を急いでいる。
なぜなら、気象庁によると、今後数日間、風向きが東京を向いているからだ。

The concern over the last 48 hours has switched from the reactors themselves to the need to refill water storage tanks containing overheating radioactive uranium.
この2日間は、炉を含む建造物自体の修復ではなく、放射性のあるウラン燃料の加熱を
抑えるべく、水で炉を満たすことに注力した。

Japan’s nuclear watchdog on Friday upgraded the accident to level 5 – the same rating as that given to the 1979 Three Mile Island incident in the US.
保安院は今回の事故について、1979年のスリーマイル島における事故と同様の、
レベル5へ修正した。



<更新01>-----------------------
福島第一の今

使用済み核燃料プールが露出している可能性がある


----------------------------
★写真集

Destroyed: A satellite image of the Fukushima nuclear station shows the destroyed reactor buildings and radioactive steam rising form the plant
福島第一原子力発電所の衛星写真。写真には破壊された施設と、放射化された蒸気が写っている(?)


Fleeing: Passengers queue at the ticket counter to buy tickets for the earliest possible flight as they attempt to evacuate from Japan at Narita International Airport near Tokyo
いち早く国外へ避難しようと、成田空港のチケットカウンターには人が殺到した。


Dangerous work: officials wearing protective clothing and respirators head towards the Fukushima nuclear plant
防護服を着用し、福島原発に向かう人たち。




International alarm: Passengers arriving from Japan are scanned at Kuala Lumpur airport in Malaysia, left, and Japanese passengers disembraking from a ferry walk through a scanner in Busan, South Korea
日本からの航空便やフェリーについては、クアラルンプール(マレーシア)や、釜山(韓国)では入国時に放射線量のチェックを行っている。


Growing criticism: The Japanese government is the target of growing criticism over the nuclear crisis.  A businessman are pictured receiving a radiation scan at a screening centre in Koriyama after being evacuated form their homes
原子力危機については、日本政府への批判は日に日に高まっている。ビジネスマンは避難する際に郡山で放射線検査を受けた。

飛行機で日本より退避した中国人

関東近辺のフランス人はエアフランスで一時帰国した






















◆ワンクリック募金です
Check

5 件のコメント:

  1. 誤訳を指摘させていただきます。

    Only the explosion at Chernobyl in 1986 has topped the scale.
    これを超えたのは1986年のチェルノブイリの時だけだ。(「実際より過大に伝えたれた」とは一言も書いてません)

    以下は明らかな誤訳です。まったく反対の意味になってます。

    A UN official said the radiation reaching America is 'about a billion times' beneath health-threatening levels.

    国連は、アメリカにすでに健康を害するレベルの放射線が届いていると発表した。
    (まったく逆ですね・・・「健康を害するレベルには程遠い」とあります)

    An airborne plume of radiation is expected to be swept towards Europe, and again officials stress that the levels reaching the UK will not be high enough to pose any risk to human health.

    気流にのり、放射性物質はヨーロッパにも届いていると思われる。イギリスには、すでに健康を害するレベルの放射線が届いていると強調した。
    (気流にのり、放射性物質はヨーロッパにいずれ届くと思われる。イギリスに届く量は健康を害するレベルではないと強調した)

    返信削除
  2. カリフォルニア在住の者です。

    海外への影響の下りに関しまして、載せられています英文と日本語訳の意味がほぼ正反対となっているように感じます。和訳にはご注意ください。

    返信削除
  3. 小桜*と申します。
    前出の匿名さんも指摘されていますが、

    更新07内にある翻訳文

    「国連は、アメリカにすでに健康を害するレベルの放射線が届いていると発表した。」

    「気流にのり、放射性物質はヨーロッパにも届いていると思われる。イギリスには、すでに健康を害するレベルの放射線が届いていると強調した。」

    上記は完全に誤訳です。原文の英語では以下のように書かれています。

    国連は、アメリカに到達する放射線は健康を害するレベルの「およそ十億(もしくは一兆)」以下であるとしている。

    放射性物質はヨーロッパ方面に飛散すると予想されるが、イギリスに到達するのは健康に害をなすレベルではないと強調している。

    *****
    あまりにも間逆に訳されています。貴ブログのこの文章があちこちに転載されているようですし、誤解をこれ以上生まないためにも、どうかこの部分だけでも訂正をお願いいたします。
    訂正してくだされば、私のこの投稿は削除してくださって結構です。

    その他の記事、写真も興味深く拝読させていただきました。
    すばらしい情報量ですね。頭が下がります。これからも頑張ってください。

    返信削除
  4. ご指摘ありがとうございました。
    大変失礼いたしました。訂正させていただきました。
    頭で”んなわけねぇだろ!”と思いながら、そのまま書いてしまいました。
    誠にありがとうございました。

    返信削除
  5. 翻訳があり、たすかりました!
    質問
    変換ミスでしょうか?

    本文… 涙とともに項垂れた

     「項」 → 「頭を」でしょうか?

    返信削除