2011/02/04

Japanese power broker Ozawa indicted

もうすでに国民の関心薄まる中、本当にお疲れ様です。























小沢 一郎(おざわ いちろう・本名:小澤 一郎(おざわ いちろう)、1942年(昭和17年)5月24日 – )は、日本の政治家である。衆議院議員(14期)、民主党岩手県総支部連合会代表。官報などでは、旧字体で小澤一郎と表記される。
自治大臣(第34代)、国家公安委員会委員長(第44代)、自由民主党幹事長、新生党代表幹事、新進党党首(第2代)、自由党党首、民主党代表(第6代)、民主党幹事長(第9代)などを歴任。90年代以降、55年体制終焉後の日本を代表する政治家の一人である。

水沢市立水沢小学校(現在の奥州市立水沢小学校)を経て、水沢市立常盤中学校(現在の奥州市立東水沢中学校)の2年生を修了後、東京の文京区立第六中学校に転校する。なかなか級友たちの中に入っていけず、いつも教室の片隅でひとりぽつんと座っていたという。
東京都立小石川高等学校卒業後、父と同じ弁護士を目指して東京大学を志望し、2年間浪人したが断念して、慶應義塾大学経済学部に入学。
大学時代のニックネームは、“おとうちゃん”。浪人したため周囲の学生よりやや年齢が上回っており、さらに身体も大きく寡黙でどことなく落ち着いた風貌を漂わせていたことからこうしたニックネームがつけられた。青年でありながら老成した雰囲気を備えていた奇妙な学生だった。
当初から経済学よりは法律の勉強に熱心で、法律関係の授業を熱心に聴講していたという。
1967年(昭和42年)春大学を卒業。本格的に弁護士を目指すために日本大学大学院で法律を学ぶ。
1968年5月8日父・佐重喜が心不全で急逝[11]、一郎は弁護士になることを断念した。


なんかいろいろなものを感じずにはいられないな。。。。。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿