2011/01/30

Japan still stronger than Botswana

日本の大臣の質はボツワナ以下ってことか。

>>>>>>>>>>>>>>>

「ボツワナは半数エイズ」 国債格付けで平沼氏発言

平沼赳夫経済産業相は16日、秋田市内で講演し「日本4 件国債の格付けはボツワナ国債よりも下になった。ボツワナ国民の半分くらいはエイズ4 件患者。そんな国より格付けが下とはけしからん」と述べた。  米国の格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスが5月、日本国債の格付けを2段階引き下げたことを批判した中での発言だが、ボツワナとエイズ患者の双方に対する差別と受け取られかねず、批判を浴びそうだ。  平沼氏は「こんなこと言ったらボツワナの名誉にかかわるが」と前置きし発言。「日本はボツワナの最大の援助国なのに、それより(格付けを)下げられた」とも述べた。  ボツワナは南部アフリカの人口165万人の国で、国連の推計によると、1999年末での15-49歳のエイズウイルス感染率は35・8%で世界最悪となっている。


>>>>>>>>>>>>>>>
FTにもしっかり書かれる立派な大臣”平沼氏”
>>>>>>>>>>>>>>>

While the downgrade of Japan’s sovereign rating by Standard & Poor’s is a blow to national pride, at least the world’s third largest economy can take comfort in the fact that it is still seen as more creditworthy than Botswana. In 2002, Moody’s Investors Service infuriated Tokyo by downgrading Japan to one notch below the southern African nation.

The then ruling Liberal Democratic party’s trade minister, Takeo Hiranuma, protested at this “outrageous” comparison with a country he rudely – and inaccurately – described as having a 50 per cent Aids infection rate. Mr Hiranuma later apologised both to Botswana and people living with Aids for his remarks.


平沼赳夫氏








0 件のコメント:

コメントを投稿