2011/01/27

財務省、国際協力銀に1.5兆円融資枠 海外投融資の拡大策、円高対策の一環


最近ワークショップも左巻き議員だらけでイマイチ信用できない。。。。。。
ついつい勘繰ってしまうんだ。


>>>>>財務省は26日、円高対策の一環として、国際協力銀行(JBIC)の海外投融資の拡大策を発表した。JBICの外貨調達が難しくなる場合などに備え、外国為替資金特別会計(外為特会)から1.5兆円をメドに外貨を融資できる枠を設ける。2011年度予算で、財政投融資を使ったJBICの海外投融資を積み増す方針も打ち出した。

日本企業の先進国向け事業に対するJBICの投資金融の範囲も拡大。現行では原子力発電所と高速鉄道についてのみ認めているが、新たに上下水道や再生可能エネルギー、石炭発電事業などを追加。11月中旬をメドに政令改正する。さらに来年3月末までの期限限定で、先進国での新たなM&A(合併・買収)を手掛ける日本企業に対する投資金融も認める。
財務省は一連の対応で、JBICによる海外投融資が拡大すれば、外貨の調達のための円売り・ドル買いにつながり、円高の抑制効果が期待できるとしている。(日経)

0 件のコメント:

コメントを投稿